印刷

製品の基準設定に便利

商品を取引する場合、基準製品と色の違うものが納品されると、トラブルにつながる場合があります。それを防止するための方法として、色を客観的データとして評価ができる色彩色差計を利用した、色差という数値で表しておくことです。

詳しく見る

印刷物

誰でもいつでも依頼できる

同人誌で一番最初にイベントに来た人が見るのが表紙です。表紙の出来が悪いとそれだけで誰も手に取ってくれなくなってしまいます。ですので、誰もが見たくなる優れた表紙の同人誌にしたいなら印刷所に依頼しましょう。

詳しく見る

カラーチャート

色の管理は数値

製品を管理していく際には、各項目をできる限り数値で管理しておくことが、ばらつきのない生産の助けになります。特に色の管理をする場合には、色彩色差計を用いることで客観的な判断が可能になり、製品の測定検査はもちろん、工程管理も使うことができます。

詳しく見る

デザイナー

見た目が大事

売れる同人誌を作るためには、見た目を大事にしましょう。例えば、表紙だけでもカラー印刷にするのです。目立つので多くの人が手に取ってくれるかもしれません。もちろん、カラー印刷をするには印刷業者の協力が必要になります。

詳しく見る

印刷

色の測定は重要

色差は色の差のことで色同士の距離を表します。近いほど色に違和感を感じなくなりますが、遠いほど色の差が出てきて違和感を感じるようになります。これら色差を上手に使うことで印象を与えることができ商品の売上にもつなげることができます。

詳しく見る

目立たせるには

冊子

より目立たせるために

今、同人誌を出す人が増えています。漫画やアニメの人気は年々上がっており、今後ますます同人誌を出す人は増えると言われています。ですので、同人誌の表紙にインパクトが無いとせっかく描いたのに注目されないまま終わってしまう可能性が高いです。同人誌を出すには主に2つの方法があります。まずは自分でコピー機を使いコピーする方法です。この方法は手軽にできると思っている人は多いですが、印刷と製本を自分でしなければならないので時間がかかってしまいます。さらに表紙の色が思い通りに出ない事も多いです。また、製本を自分でするのはとても大変ですし仕上がりが汚くなってしまいがちです。ですので、絶対に多くの人に同人誌を見て欲しいなら印刷所に依頼する事をおすすめします。印刷所に依頼する一番のメリットは表紙のカラー印刷をキレイにできる事です。自分の思い通りの色を出す事ができるので理想の同人誌をイベントに出せます。印刷所ならカラー印刷はもちろん様々な加工を表紙に施す事ができます。特に人気があるのがホログラム加工です。ホログラム加工をする事でキレイかつ目立つ表紙になります。また光沢加工もより目立つ表紙になると評判はとてもいいです。費用や相場は自分がどういう同人誌を作りたいかによって変わります。またフェア等でお得に印刷できる印刷所は多いので印刷前に各業者のサイトを見てましょう。特に有名な作品はその作品のフェアをしている事も多いので必ずチェックするようにしましょう。

Copyright© 2018 プロと協力して同人誌表紙を制作【同人誌を出す人が増加中】 All Rights Reserved.